歯周病が悪化すると抜歯をしなければならない場合があります。


症状に気付いた時には手遅れになっており、抜歯をするしかないこともありますので歯の為にもしっかりと対策をしなければいけません。



歯の健康の為には注意すべきポイントを知る必要がありますが、まず歯周病リスクを高める要因として喫煙が挙げられます。たばこは血流を悪くしてしまう働きがあり、血流が悪くなると歯茎に栄養や酸素が供給され難くなります。

そして歯茎の組織も弱くなってしまう為に菌に対抗する力も低くなるのです。

表参道の歯周病に関連した書きかけ項目です。

その為、歯周病にも掛かり易くなり、症状も進行し易くなる為に極力たばこは控えるようにした方が良いでしょう。


なお、たばこは治療の効果も下げてしまいますので、仮に歯科医院で治療を受けていても完治させることが困難になってしまいます。

誤った歯磨き方法も良くありません。

NAVERまとめの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

歯磨きをする際には歯そのものを磨く方も多いようですが、それでは歯周病リスクを下げることはできないのです。歯垢は歯と歯茎の境目にも付着していますので、そういった汚れをしっかりと除去する必要があります。


ところが歯を中心に磨いている場合ですと境目の汚れが取れず、歯茎の中にも食べかすなどが入り込んでしまいます。
それによって歯周ポケットが深くなってしまうと歯周病が進行してしまいますので、境目を磨くことも心掛けるようにしなければいけません。

その為、歯磨きをする際には歯に対して45度の角度で毛先を当て、境目も意識しながら磨いた方が良いでしょう。