歯や口内に何らかの症状が起こったり、歯の色が気になったり、歯並びが気になってきたりすると歯科医院を受診して治療を受けることがあります。

歯科医院と一言に言っても一般歯科や矯正歯科、予防歯科、審美歯科など色々な種類があります。



その中の審美歯科とはどのような歯科なのかと言うと口内と口元の美しさにこだわりを持った歯科です。
一般的な歯科の場合には歯の治療の際に削った後を埋めたり、欠けた歯を治療して噛めるようにすると言った機能回復を基本に治療が行われます。

そのため詰め物や被せ物は周りの歯に色を合わせたりと言うことはなく、見た目にも治療したことが分かります。

そうすると口元のイメージに大きな影響を与える場合があり、それがコンプレックスになってしまう人もいます。



審美歯科の場合には一般歯科のように機能回復のための治療も行いながら、治療後の歯や口内、口元の自然な美しさにも重点を置いて治療を行ってくれます。


例えば虫歯などの治療の際の詰め物や被せ物にはセラミックを使用して周囲の歯と並べても違和感がないように仕上げてもらうことができます。

審美歯科では一般歯科と同じように虫歯や歯周病、歯肉炎などの治療やインプラント治療なども行っていますし、歯を白くするためのホワイトニング治療や歯並びを良くするための矯正治療なども行っていて虫歯などではなくても歯の色や口元の美しさについて相談して、それを改善することができるのが審美歯科なのです。

All Aboutの情報を求める人におすすめです。