タバコを吸っている人は歯周病になるリスクが高いです。


タバコの煙には200種類~300種類の有害物質が含まれています。

その中の一つであるタールは、歯に付着するとプラークや歯石を吸着しやすくします。

あなたのご要望に応えるエキサイトニュース情報が探せます。

またニコチンは血管を収縮させるので、口の中の毛細血管も血液の流れが悪くなります。

セメント質と結合する力も強いので、歯医者で歯石を除去して歯をきれいにしてもすぐに汚してしまいます。

タバコには一酸化炭素も含まれているので、血液中の酸素濃度も低下します。歯周病やその他の病気で手術を行っても、酸素不足は傷口の回復を送らせて、ニコチンによるビタミンC破壊も考慮すると治りが遅くなります。

歯周病は慢性化しやすいので、自分がその危険にさらされていることに気づかない場合があります。

喫煙者は特にその傾向が強く、歯茎の腫れやブラッシング時の出血といった自覚症状が少ないです。

人間には元々免疫として病原菌が侵入すると、戦って撃退する力が備わっています。

その時炎症として現れるので、非喫煙者は腫れや出血に気づきます。

しかしタバコによって低酸素状態が続き、免疫力も下がっていると、本来の力を発揮できません。病原菌と戦うこともなくなれば炎症も起こらないので、喫煙者は悪化して初めて症状を自覚するケースが多いです。



喫煙者は非喫煙者と比べて歯肉は10歳~20歳も老化しているので、実年齢が若くても口の中はボロボロである可能性が高いです。

渋谷の歯周病についての情報をまとめたサイトです。